とうとう、あられが降りました

今日は一日、暴風雨でした。
最初は雨でしたが、途中からバラバラと音がしてきました。

良く見ると、それはあられでした。

とうとうあられの降る季節になってしまったのか、と、少し気分が下がってしまいました。

しかし、よく考えてみれば、もう七五三の時期です。

この頃は、毎年あられが降っていたことを思い出しました。

なら仕方がないな、と開き直りました。


ここ1週間くらいで、急激に冬に向かっているような気候に変わりました。

1週間前はお天気の日はまだ暑かった気がするのですが、季節が変わるのは早いものです。

私はここ最近は特に、冬がどうも好きになれません。
このまま、凍死してしまうんじゃないかという恐怖さえ感じることがあります。

家も暖房器具もなかったら、凍死してしまうんだな、と考えると恐ろしくなってしまいます。

家や暖房器具がなくても、凍死しなくてもよい場所に住みたいと思ってしまうのです。